「ノバフラックス」漏洩磁束探傷装置
「NOVAFLUX」

黒皮材、棒材の漏洩磁束探傷装置。ノバフラックスシリーズ

表面の長手方向10mm、傷深さ0.1mm㎜、疵幅0.1㎜を100%の再現性で検出可能!

黒皮材の表面検査は、御社の棒材・シャフトサイズで下記より選択してください。

2011年の販売開始より全世界にて47台以上設置、稼働しおります。納入実績はご連絡を下さい。

対応サイズ 径5mmから200mmまで棒状鋼材の表面長手方向のキズを検出、位置マーキング対応

Description

漏洩磁束探傷の原理


検出可能な長手キズ条件

キズ長さ 10mm

キズ深さ 0.1mm

キズ幅  0.1mm

※材料肌状態に依存

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


年間ランニングコストが他社とくらべて半分になります。

AC漏洩磁束方式探傷装置の消耗品部品 RFL140の場合

スライディングシューの消耗により交換。               必要
スライディングシューの割れ破損による交換(プローブを含む 不要
プローブアームの一式の破損による交換。   不要
磁化ヨークの破損による交換。    不要
磁化ヨークの性能低下による交換。      不要
カーボンブラシの交換とスリップリングの削りだし          不要

 

プルーフテクニックのノバフラックスでは、1番の消耗品以外は、発生しません!

実績として、47ユニット販売して

スライディングシューの割れはありません。理由は、材質と棒材の曲がり対策。

磁化ヨークの交換もありません。理由は、材質とプロテクションスリーブです。

 

ノバフラックスのカタログはこちらから-PDFの表示

 



キズサンプルも現場で作成できます。

「ポータブルディフェクトソーはこちらから」


ノバフラックスシリーズ ラインナップ

回転式探傷ヘッド「ノバフラックスRFL65 」

黒皮付き / 黒皮無し棒材試験 回転トランス採用


回転式探傷ヘッド「ノバフラックスRFL140 」

黒皮付き / 黒皮無し棒材試験 回転トランス採用


回転式探傷ヘッド「ノバフラックスRFL200 」

黒皮付き / 黒皮無し棒材試験


ノバフラックスのカタログはこちらから-PDFの表示